【すみっコぐらし3DSの人気ソフト一覧】おすすめゲームはこれ!

すみっコぐらし 3DS 人気ゲーム

かわいいすみっコたちに癒されると評判の3DS版「すみっコぐらし」のゲームは、2014年に第1作目の「すみっコぐらし ここがおちつくんです」を筆頭に2017年まで毎年新作が発売されており、「おみせはじめるんです」「むらをつくるんです」「ここ、どこなんです?」の全部で4作あります。

すみっコぐらしのファンならどの作品も「やってみたい!」となりますよね^^

でも、「どのゲームが飽きずに楽しめるか」というのも気になるのではないでしょうか。
特に、子供へのプレゼントとして購入を考えるとなると「できるだけ飽きずに遊んでほしい」とも思いますよね。

すみっコぐらしの3DSのゲームは、どれもゲームとしては基本的に簡単な内容のものなので、難易度の差はほとんどないですし、基本的には「すみっコたちを観察する」などといった内容が共通するところもあります。

ただ、「おたのしみ」の内容が若干違ったり、登場するキャラクターが違ったりします。
もちろん、ゲーム自体のテーマも違うので、子供の好みに合ったテーマを選ぶと飽きずに楽しむことができるのではないでしょうか。

そこで今回は、すみっコぐらしの3DSゲーム4作それぞれを、ランキングとレビューでの評価内容からどんなお子さんにおすすめか解説します。

子供のプレゼントとしてすみっコぐらしのゲームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください^^

すみっコぐらし3DSゲームの基本内容と特徴

すみっコぐらしの3DSゲームには、それぞれで楽しめる主なゲーム内容の他にも、サブ的に楽しめる内容として「ミニゲーム」「おたのしみ」というコンテンツが含まれています。
まずはその内容をご紹介しますね。

豊富なミニゲーム

すみっコぐらしの3DSでは、本編の他に「ミニゲーム」が楽しめます。
ミニゲームはそれぞれ8種類ずつ収録され、本編のテーマに合わせた内容になっています。

すみっコファンにはたまらない!?おたのしみ

ゲーム以外にも「おたのしみ」として、すみっコたちとコミュニケーションしたり、ひとりだけでなく通信機能を使って友だちと遊んだりできる機能も充実。
そして、4作に共通するものもいくつかあるのでご紹介します。

すみっコ診断

プレイヤーと一番相性のいいすみっコを選んでくれる「すみっコ診断」は、人気のコンテンツ。発売された年度が新しい作品ほど内容がパワーアップしています。

すみっコ写真館

すみっコのオリジナルのフレームやスタンプを使って、かわいいデコ写真を作ったり、ゲーム中の写真を撮ることができます。

みんなであそぶ

ミニゲームはひとりだけでなく、通信機能を使えば最大で5人まで同時に遊ぶことができます。

スタンプトーク

人気のスタンプトークは、最大5人までのグループでスタンプを使ったメッセージを送って遊ぶことができます。

すみっコぐらしの3DSゲームの特徴

すみっコぐらしの3DSゲームは、とにかく「かわいいすみっコたちの動きを見ているだけでも癒される~」という口コミがたくさん寄せられているように、ゆるーく、まったりと楽しめる癒しの内容になっているところが特徴です。
ゲームによってはコインを集めたり、きせかえのための服などのアイテムを集めたり、ゆっくりと自分のペースで進めることができます。

こんな人におすすめ!

アクションゲームなどの激しい内容がお好みの方や、ゴールやエンディング的なものがないので「何かの目的がないとつまらない」と感じる方にはあまり楽しめる内容ではないかもしれませんが、幼稚園児くらいの小さな子供でも楽しめる内容ですし、何よりすみっコぐらしが好きな方には「3Dで動くすみっコを見ることができる」たまらない内容になっています。

すみっコぐらし ここがおちつくんです


それでは、すみっコぐらしの3DSゲームそれぞれについて分析していきたいと思います。
まずは2014年発売の第1作目「すみっコぐらし ここがおちつくんです」。
Amazonでの売上ランキング(平均)5435位と、4作の中でランキング的には一番下位になるものの、「ハッピープライスセレクション」としても販売されているこちらのゲーム。

ゲームの内容としては、1作目ということもありシンプルで、お部屋の中ですみっコたちをお世話して元気にしてあげる、というもの。

のんびり毎日少しずつ楽しむことができるゲームです。
すごろくをしてすみっこにあげるものやインテリアをゲットすることができます。

おたのしみとして、すみっコのめずらしい様子を写真に残すことができる「すみっコ研究日記」も遊ぶことができます。

すみっコぐらしここがおちつくんですのレビューまとめ

Amazonのレビューでも5点満点中4.3点と高評価で、とにかく「動いているすみっコがカワイイ!癒される(>_<)」という声がほとんどでした。いつも一緒にすみっコといられる嬉しさもありますし、すみっコぐらしの設定そのままの世界観が大事にされたゲーム、という印象です。

お世話をしたり写真を撮ったり、たくさん遊べるミニゲームも好評で、すみっコファンなら持っていて損はない!という声にも納得ですね。

ただ反面、登場するすみっコが「しろくま・ぺんぎん?・とんかつ・ねこ・とかげ」の5種類しかいなく、コレクションするものがすぐ集まってしまってコンプリートまでのやりこみ性があまりないのが残念、という声もありました。

他の最新ゲームのほうがやりがいがあるという声もあるように、すみっコぐらし初の3DSゲームということも考えると難易度は低いので、特にコンプリートなどを目的としない、すみっコぐらしが好きな3DSを初めてプレイするお子さんにはぴったりの内容といえますね。

すみっコぐらし ここがおちつくんです(3DS)の口コミを見てみる(Amazon)

すみっコぐらし おみせはじめるんです


続いて、Amazonでの売上ランキング(平均)1210位と、4作の中で3番目にランキングの良い「おみせはじめるんです」。

商店街にすみっコたちがオープンさせたお店をプレイヤーが手伝う、という内容になっています。
お店でできるミニゲームでゲットしたお金でお店に飾るアイテムを買ってあげたり、すみっコたちをなでたりしてコミュニケーション遊びも楽しめます。

「ここがおちつくんです」に比べて、5種類のすみっコの他にもたくさんの「みにっコ」が登場します。きせかえも楽しめ、コスチュームは50種類以上あるので、写真撮影がぐんと楽しくなりました。

すみっコぐらしおみせはじめるんですのレビューまとめ

Amazonのレビューでも5点満点中4.4点と高評価で、やはり、前作「ここがおちつくんです」からの改善点を評価する声が多かったです。たぴおかなどのみにっコが登場するようになって遊べるキャラクターも増え、ゲーム内容もパワーアップした感があります。

すみっコをおきがえさせたり、前作よりも活動の場が増えたことでコンプリートする楽しさが増えたのは嬉しいポイントです。

やることが増えて達成感がある!という声もありましたが、すみっコのお店を手伝うという内容なので、自分でお店をやる、という内容ではないのは注意が必要かもしれません。

他には、ミニゲームの難易度が上がった、やることが同じことの繰り返しで子どもが飽きてしまって残念、というマイナス面をあげている方も。

ゆったり、のんびり楽しむのがすみっコぐらしのゲームの特徴ともいえるので、刺激的なゲームに慣れているお子さんは思ったより楽しめない面はあるかもしれません。でも、きせかえや、お店屋さんごっこ的な要素を楽しめますので、そういうのが好きなお子さんにはぴったりの内容ではないでしょうか^^

すみっコぐらし おみせはじめるんです」の口コミを見てみる(Amazon)

「すみっコぐらし おみせはじめるんです」の在庫を確認する

すみっコぐらし ここ、どこなんです?

続いては、2017年に発売され、今現在(2018年10月)事実上の最新作となっている「ここ、どこなんです?」は、Amazonの売上ランキング(平均)977位と4作の中では2番目にランキングの良いゲームです。

※一番新しいゲームなので今現在の売り上げランキングでは4作の中では1番いいのですが、全体の公平性を考えて平均のランキングを基準にさせてもらっています。

探検・冒険がテーマで、ふしぎな島を探検するすみっコたちが秘境を探すのをプレイヤーがお手伝いをするのが主な内容です。

砂漠や森、海辺など5種類のフィールドに存在する秘境は全部で19マップあり、元気のないすみっコをケアしたり、探検に必要な道具を持たせてあげたり、迷子にならないようにアームで運んであげたりします。

きせかえ遊びもさらに充実して、189種類のコスチュームが用意されています。

すみっコぐらし ここ、どこなんです? のレビューまとめ

Amazonのレビューで5点満点中4.0点のとやや他のゲームより評価が低いようです。

すみっコぐらしのゲームはまったり、のんびり楽しめるのが特徴ですが、「ここ、どこなんです?」は、他の3作と比べてすこし難易度が高いというか、「探検・冒険」というすみっコぐらし好きにはあまり求められていない要素がテーマだからなのかもと感じました。

癒しやゆっくり、のんびりが好きな方にはなじまないかもしれませんね。
子供向きに多少ドキドキ・ワクワクするようなアミューズメント性を出したゲームなのかもしれませんが、女の子向けのゲームとしては中途半端な内容になっているのかもしれません。

それでも、すみっコとのコミュニケーションが楽しめる内容に変わりはないので、小学校低学年以上のお子さんなら一人でも十分楽しめる内容で、男の子や、冒険ものが好きなお子さんにはぴったりです^^

「すみっコぐらし ここ、どこなんです?」の口コミを見てみる(Amazon)

「すみっコぐらし ここ、どこなんです?」の在庫を確認する

すみっコぐらし むらをつくるんです

Amazonの売上ランキング(平均)906位と、全4作の中で一番ランキングが高かったのがこちら、2016年に発売の「むらをつくるんです」でした。

すみっコたちが住む村を作るお手伝いをするのが主な内容で、すみっコたちが作った野菜を市場で好きなアイテムと交換したりして、自分の好きなオリジナルの村づくりも楽しめます。

もちろん、きせかえ遊びも120種類のアイテムを使って楽しむことができます。
そして、ミニゲームで遊ぶこともできますが、すみっコたちと一緒に農作業をしてくだものや野菜を収穫できる楽しみもあるんです。「牧場物語」や「とびだせどうぶつの森」のような要素と、すみっコたちを観察して癒されるといった基本的な要素を兼ねたゲームです。

実はレビューでも一番の高評価だったのがこの「むらをつくるんです」でした!

すみっコぐらし むらをつくるんですのレビューまとめ

他の3作のレビューでも「むらをつくるんですの方が子どもは好き」という声も多く、人気の高さがうかがえました。

かわいいすみっコたちの観察を楽しめるというコンセプトはそのまま、ゆったり、のんびりとしたすみっコぐらしとの村づくりが楽しめる内容は、子どもだけでなく大人にも好評のようです。

家族みんなが楽しめる3DSソフトとしても活躍しそうですが、ゲームの中でも野菜やくだものを育てたり、育てたものを物々交換できるといったちょっとした経済の勉強にもなったり、子どもの興味をひきながら学習的な側面もあるのは大人としても安心できるゲーム内容ですし、ゆっくり自分のペースで遊ぶお子さんに向いています。

むらをつくるんです」が、すみっコぐらしの3DSゲームの中で一番人気の高いゲームであるのは、そういった理由があるからかもしれませんね。

「すみっコぐらし むらをつくるんです」のレビューを見てみる(Amazon)

「すみっコぐらし むらをつくるんです」の在庫を確認する

さいごに

人気のすみっコぐらしの3DSゲーム4作について、ゲーム内容とランキング・レビューからおすすめをご紹介しました。

それぞれのゲームに特徴がありましたね。

お子さんの興味の引きそうなゲームは見つかったでしょうか?

ぜひ参考にしてみてください^^

お子さんの対象年齢がもう少し小さければ、携帯できる液晶ゲームもおすすめです。

コンパクトサイズで待ち時間などにちょこっとやるのにもちょうどいいですよ♪

タイトルとURLをコピーしました